MENU

地球環境問題

UBEグループ 2050年カーボンニュートラルへの挑戦

UBEグループは2021年4月、「UBEグループ 2050年カーボンニュートラルへの挑戦」を宣言しました。

自らの事業活動から排出される温室効果ガス(GHG)の実質排出ゼロに挑戦するとともに、環境に貢献する製品・技術に関わる研究開発の推進とイノベーションの実用化により、社会全体のカーボンニュートラルに貢献していくことを目指します。
昨年5月に発表した「UBEグループ環境ビジョン2050」を、さらにもう一段踏みこむことで、脱炭素社会をリードするソリューションプロバイダーとして取り組んで行きます。

1. 自らの事業活動におけるカーボンニュートラルへの挑戦(GHG排出量の最小化、革新的な技術開発)

  1. 徹底した省エネ推進、プロセス改善
  2. CO2フリーエネルギーの利用の最大化
  3. 化石資源に大きく依存しない事業構造への再構築(化石資源利用の極小化)
  4. CO2利活用技術、原料の非化石資源化等の研究開発の推進と実用化

2. 社会全体のカーボンニュートラルの実現への貢献

  1. 使用段階でCO2排出低減に貢献する製品の提供
  2. 顧客のサプライチェーンにおけるCO2削減への貢献(バイオポリマー、リサイクル・再生化学製品の提供)

「2050年カーボンニュートラルへの挑戦」に向け新たな中期(2030年度)目標を設定

UBEグループは2022年4月、地球環境問題への取り組みにおける中期(2030年度)目標を見直し、温室効果ガス排出量を2030年度までに50%削減(2013年度比)し、「環境貢献型製品・技術」の連結売上高比を60%以上とする新たな目標を設定しました。

UBEグループは、2021年に「UBEグループ 2050年カーボンニュートラルへの挑戦」を発表し、自らの事業活動から排出されるGHGの実質排出ゼロに挑戦するとともに、その中間目標として2030年度までに化学部門においてGHG排出量20%削減(2013年度⽐)を掲げていました。
今般、セメント事業等を分社化してUBE三菱セメント株式会社へ移管し、UBEグループがスペシャリティ化学を中核とする企業グループへ移行したことを機に、従来の目標を見直すことといたしました。
UBEグループは、地球環境問題への取り組みをより一層強化し、引き続き社会全体のカーボンニュートラルに貢献してまいります。

2030年度目標

  • GHG排出削減目標:50%削減(2013年度比)[従来は化学部門で20%削減]
  • 「環境貢献型製品・技術」の連結売上高比目標:60%以上 [従来は50%以上]

カーボンニュートラルに向けた施策

  • 省エネ推進・プロセス改善
    生産活動における徹底した省エネ推進・プロセス改善に継続的に取り組むことで、化石資源利用の極小化等を推進します。
  • 再生可能エネルギー利用の最大化
    工場における太陽光発電の導入及び風力や太陽光、バイオマスなど再生可能エネルギー由来電力の調達を推進し、再生可能エネルギーの利用を最大化していきます。
  • 事業構造改革
    スペシャリティ製品へのシフトは、化石資源の利用極小化等によるGHG排出量削減とともに、原燃料などの市況に大きく左右されないレジリエントな事業構造への転換に繋がります。UBEグループは、収益性・成長性の面からもスペシャリティ製品を中心とする環境負荷の低い事業構造を目指すとともに、ベーシックケミカル製品の高付加価値化や事業の構造改革も進めます。
  • 革新的な技術開発
    2050年のカーボンニュートラル達成には革新的な技術開発が不可欠であることから、中長期的な視野で、他社等との協業を含めた原料の非化石化やCO2利活用技術の研究開発・実用化にも取り組みます。
縦軸にGHG排出量、横軸に年を取ったロードマップ。 カーボンニュートラルに向けたロードマップ

環境貢献型製品・技術の連結売上高比

UBEグループでは、ISO14001:2015改訂版に記載の「自然環境が組織に及ぼす影響」の項目をもとにガイドラインを策定し、環境貢献型製品・技術を定義しています。環境貢献型製品・技術の開発をさらに推進し、より多くのお客様に提供することで、社会全体のカーボンニュートラルへの貢献を目指します。

縦軸に売上高比率、横軸に年を取ったタイムライン。 環境貢献型製品・技術連結売上比60%以上にするためのタイムライン

地球環境問題に関する基本的な考え方

UBEグループは、「地球温暖化対応」「生物多様性保全」「海洋プラスチックごみ」および、「水資源保全」を地球環境問題とし、それぞれについてグループ統一の「基本的な考え方」を策定しました。

地球温暖化対応への取り組みの基本的な考え方

人間活動による大気中の温室効果ガスの増加は、地球気候の温暖化を引き起こしています。未だ経験したことのないような気候の急激な変化は、我々の生活や事業活動に対して極めて深刻な影響を与える可能性があり、可能な限り早期に対応することは社会的責任であり使命であります。

  1. 脱炭素社会の構築に貢献する環境経営を行います。
  2. 長期的な視点に立ち、温室効果ガスの排出削減、環境貢献型製品の開発・提供に継続的に取り組みます。
  3. 次世代が将来にわたり安全・安心に暮らせる地球環境の確保を目指します。
  4. 全ての従業員に対し地球温暖化対応への取り組みの重要性などの適切な教育を実施し、サプライチェーンを巻き込んだグループ一体となった活動とします。

生物多様性保全への取り組みの基本的な考え方

人間の生活を支えている多くの製品・サービス、エネルギーは自然の恵みによってもたらされています。生物多様性は、その自然の恵みを保全し、災害の軽減や食文化をはじめとした固有の文化・芸術の礎となるなど、わたしたちの生活環境及び暮らしを支えているものです。

事業活動においても、生物多様性の保全と持続可能な利用に取り組む責任があります。

  1. 事業活動の全てにおいて、自然環境の健全性と多様性を維持することを強く意識し、生物多様性の維持に努めます。
  2. 環境に配慮した素材、サービス、技術の開発・提供を通じて⽣物多様性の保全に配慮した社会構築に貢献します。
  3. 生物多様性に関する国際的取決めや国内法令等を順守し、社内外の関係者との連携を図ります。
  4. 全ての従業員に対し⽣物多様性の保全の認識や重要性の理解などの適切な教育を実施し、サプライチェーンを巻き込んだグループ一体となった活動とします。

海洋プラスチックごみ問題への取り組みの基本的な考え方

海洋は地球の表面積の4分の3を占め、地球の水の97%を蓄え、人類が作り出した二酸化炭素の約30%を吸収し地球温暖化の影響を和らげ、また人類を支える食料源となっています。

このように海洋は、地球を人間が住める場所にしている原動力となっており、海洋資源を慎重に管理することは、持続可能な未来への鍵を握っています。

海洋プラスチックごみ問題への取り組みを推進することを通して、海洋の保全に努めます。

  1. プラスチック廃棄物の資源としての有効活用の促進に取り組みます。
  2. 環境にやさしい素材・製品を開発・提供し、海洋プラスチックごみ問題に取り組みます。
  3. 海岸、港湾の清掃など海の環境の保全を行い、社内外の関係者との連携を図ります。
  4. 全ての従業員に対しマイクロプラスチックごみ対応への認識や重要性の理解など、適切な教育を実施し、サプライチェーンを巻き込んだグループ一体となった活動とします。

水資源の保全に対する取り組みの基本的な考え方

水はすべての生命の源であり、他に代替物のない貴重な資源です。日常の生活や事業活動を営む上で水はかけがえのないものです。現在、世界人口の増加、開発途上国の経済成長、気候変動などにより、世界規模での水資源問題が発生しています。

海・河川などへ排出する水質の維持向上を行うとともに、水資源の利用削減、再利用の促進を図ります。

  1. 事業活動での水の利用効率の改善に取り組み、使用量の削減を行います。
  2. 廃水処理、リサイクル・再利用技術などの開発への貢献や積極的な利用を行います。
  3. 森林、里山、湿地、河川等の水に関連する生態系の保護・回復に取り組みます。
  4. 全ての従業員に対し水資源の保全への認識や重要性の理解など適切な教育を実施し、サプライチェーンを巻き込んだグループ一体となった活動とします。

地球環境問題に関する体制図※2021年3月末時点(2022年8月頃に改訂予定)

地球温暖化対策に関する体制図

地球温暖化

UBEグループ中期目標※2021年3月末時点(2022年8月頃に改訂予定)

温室効果ガス排出削減目標(重要課題)
地球環境問題の目標
UBEグループGHG排出量削減目標の達成状況
環境負荷低減に貢献する製品・技術の創出・拡大の状況

温室効果ガス(GHG)排出量

温室効果ガス排出量(カンパニー別)2020年度実績
スコープ3のカテゴリー別内訳
温室効果ガス種別排出データ
CO2排出原単位(単位生産量当たりのGHG排出量)
燃料種別
エネルギー消費データ
温室効果ガス排出量検証報告書

社内炭素価格(インターナルカーボンプライシング)について

当社は、設備投資におけるCO2価値の評価指針として、社内炭素価格を設定しています。

目的 (1)CO2対策の重要性の意識付け
(2)省エネ・燃料転換などCO2削減投資の促進
開始時期 2010年4月1日~
対象温室効果ガス エネルギー起源CO2
記載する項目 CO2増減量、CO2を加味した場合の経済性指標
(CO2増減量が1,000t-CO2/年以上のもの)
対象となる
資料・文章
(1)設備計画の経営会議審議用説明書
(2)稟議書(執行時)
CO2価値 3,000円/t-CO2(~2021年度)
但し、規制動向等により大幅に変更が生じた場合は、都度通知。価格を変更する

海洋プラスチックごみ問題

廃プラスチックごみをセメント製造用のエネルギー源に利用し、埋め立て処理されるプラスチックごみの削減に貢献しています。また、工場周辺の産業道路の清掃活動を通して、プラスチックごみの散逸防止および海洋への流失防止に貢献しています。

UBEエラストマー(株)(旧 千葉石油化学工場)のポリエチレンペレット回収装置

宇部藤曲工場では、毎年6月の環境月間、瀬戸内海水質保全月間に合わせて厚東川沿いのプラスチックごみなどを回収しています。UBEエラストマー(株)(旧 千葉石油化学工場)では、排水中に混入するポリエチレンペレットを最終排水処理設備で分離・回収しているほか、全長約1kmの敷地内道路を定期的に清掃しています。宇部フィルム(株)では、地域の清掃活動に約100名の社員が毎年参加しているほか、社員50名が毎月1回、工場周辺の清掃活動を行っています。(株)宇部スチールでは、主力製品であるビレットや鋳造品の主原料である鉄スクラップ(鉄屑)を溶融する高温の電気炉を有効利用して、ガラスや廃プラスチックなどを製品の製造過程で高温溶融処理することにより廃棄物の処理を行い、資源の有効利用を行っています。

UBEエラストマー(株)
(旧 千葉石油化学工場)周辺の清掃活動
(プラスチックごみ等の回収)
宇部フィルム(株)の工場周辺の清掃活動
(プラスチックごみ等の回収)

生物多様性保全・水資源の保全

生物多様性民間参画パートナーシップ

ヒメコマツ

UBEは、一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)が制定した「日本経団連生物多様性宣言」に賛同し、「生物多様性民間参画パートナーシップ」へ参加しています。
UBEエラストマー(株)(旧 千葉石油化学工場)では、千葉県の生物多様性保全活動の一つである、ヒメコマツ(注)系統保全サポーターに参加し、県からいただいたヒメコマツを事業所内で育成しています。

(注)房総丘陵のヒメコマツ個体群は、寒冷期の遺存植物として非常に貴重な存在ですが、生育数が急激に減少しており、千葉県では「最重要保護生物」に選定し、その保護回復に取り組んでいます。

森林保護への取り組み

第13回水を守る森林づくり体験活動

2020年度も山口県美祢農林水産事務所主催の「第13回水を守る森林づくり体験活動」にUBEグループの社員54名がボランティアとして参加し、森林の間伐や竹林伐採を行いました。
今年度はコロナ禍のため参加人数と活動時間をコンパクトにしての実施でした。この活動は、山口県の厚東川水系利水企業の社員が水源地域で森林を整備し、森林が持つ保水力の維持に貢献するとともに、水と森林との結びつきを学習するイベントとして毎年行われています。
また、美祢農林水産事務所から森林保護のメリットについてレクチャーを受けており、地球環境や自然保護の重要性について理解を深めています。