MENU

品質

「UBE経営方針」をふまえ、UBEグループにおける品質に係る行動基準として「UBEグループ品質基本指針」を策定しています。

UBEグループ品質基本指針

私達は、ステークホルダーの信頼を得るため、安全と安心を常に意識し、お客様に満足していただける品質の製品、サービスを開発、提供します。

  1. (1)品質に関わる規制、公的規格等の最新情報を常に入手し、これを遵守します。
  2. (2)お客様との取り決めを守ります。
  3. (3)お客様との交流を密にし、お客様の求める品質を提供します。
  4. (4)品質保証システムの継続的改善に取り組みます。
  5. (5)製品ライフサイクルを通じて、安全で安心して取り扱える製品、サービスの開発に努め、必要な情報を適切かつ確実に提供します。

UBEグループ品質活動の基本的な考え方

私達は、UBEグループが取り組む品質活動の基本的な考え方を明確にするとともに、その評価を実施することにより、品質の向上に努めています。
品質活動の基本的な考え方は、次の三つで構成されます。

  1. 第一に、本部内部統制部門による品質活動。
  2. 第二に、化学部門・各グループ会社による、品質保証システムに沿った品質保証活動。
  3. 第三に、化学部門・各グループ会社の品質保証システムに沿った品質保証活動に対する評価活動。

体制

私達は、UBEグループの品質活動を統括する責任者として品質担当役員を選任し、本部内部統制部門及び品質に係る審議体となる「グループ経営会議(品質)」を設置しています。品質担当役員のもと、本部内部統制部門はUBEグループの品質活動を統括し、内部統制を確立しています。品質担当役員は、取締役会の監督機能の実効性を確保するため、内部統制の構築・運用状況について取締役会において定期的な報告を行います。

取り組み

私達は、本部内部統制部門が実施する下記の主な取り組みを通じて、UBEグループの品質活動を推進します。

1)品質啓発への取り組み

UBEグループの品質啓発活動の企画・実施。

2)品質活動管理への取り組み

UBEグループの品質施策の策定及び進捗管理。
「グループ経営会議(品質)」への品質施策の実施状況及び品質活動状況の報告。

3)監査への取り組み

内部監査を実施することによる、UBEグループ品質の向上。
私達UBEグループは、化学、機械、建設資材など幅広い事業を国内外で展開しています。これら事業は、独立性を重視した体制で運営され、事業形態に沿った主体的な品質活動の実践に努め、本部内部統制部門(品質保証部)はその自立的活動を支援します。

化学部門

化学部門は、事業部と国内4工場で品質マネジメントシステム(QMS)を運用しております。2018年度の品質検査に係る不適切事案の再発防止策の確実な実施と未然防止への取り組み強化として、繰り返しの認識教育による経営陣や社員の意識改革、社内ルールの見直し、ICT化によるヒューマンエラー防止を実施しております。引き続きこれらを着実に運用し、継続的改善に取り組み、ステークホルダーの皆様の信頼を回復していきます。
医薬事業部では医薬特有の要求事項を満たすため、従来から独自に構築しているPQSを継続し、医薬品品質方針にコミットしていきます。
全社員が品質に対する高い意識を持続し、UBEグループならではの価値の創出を追求し、魅力ある品質の提供を目指します。

※PQS(Pharmaceutical Quality System):医薬品品質システム。

化学部門 品質方針

品質方針

医薬品 品質方針

医薬品 品質方針

UBEマシナリーグループ

お客様の満足と信頼が得られる品質重視の製品とサービスを継続的に提供

UBEマシナリーグループは、お客様の立場に立ち、多様なニーズとその背景を十分に理解した製品開発を行い、成形機、産機、橋梁、製鋼など多岐にわたって安全・安心な製品とサービスを継続して提供します。また、事業活動に関わる規制、規格を遵守・維持するための人材育成や品質マネジメントシステムの継続的改善活動に取り組み、グループ一丸となって常に高い品質目標に挑戦します。

UBEマシナリーグループ 品質方針

UBEマシナリーグループ 品質方針

化学物質管理